FC2ブログ
リウマチ+緑内障+肺MAC症+脳出血と戦うさくらのお菓子な備忘録
猫の膵炎
2013年09月24日 (火) | 編集 |
今日は、秋分の日でした。


これから、日一日と昼間が短くなるんですね。

なんだか寂しいな・・・。


お彼岸なので、お墓参りに行ってきました。

甥も一緒に行って、大好きなお祖父ちゃんの眠るお墓を

一生懸命洗ってくれました。


お父さん、良かったね♪


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*


さて、今日は、猫の膵炎=ゆめの場合を書きたいと思います。

あまり参考にはならないけれど、

こんな場合もあるということを、心に留めておいてもらえれば、嬉しいです。



ゆめが、サクやらるとは違うゲ~をするようになったのは、

去年の5月のことでした。

どんな状態だったかは、読んでいただけるとありがたいです。


その時は、甲状腺機能亢進症を疑いました。

年を取った猫には多いですよね。

栗山さんちのぐりこちゃんもそうだし・・・。


でも、結果は、甲状腺機能亢進症ではありませんでした。

ホッとしました♪


ま、1週間ほどで、ゲ~も治り、その後は元気なゆめちゃんに戻りました。


次にゲ~になったのは、12月です。

でも、この時は、けっこう早く治りました。


きょうすけのこともあり、私も疲れていたので、

「治ったなら、それでいいや♪」って、簡単に考えていました。


そして、先月、またゲ~するようになって・・・

血液検査や尿検査では、特に異常はなくて、

体温も普通。

で、また、甲状腺機能亢進症の検査もしたけど、異常なしでした。


そこで、言われたのが「膵炎」でした。

膵炎じゃないと言えるためにも膵炎の検査をした方がいいと。


ゆめのゲ~は治ったけど、膵炎のことが頭から離れませんでした。

今度ゲ~をしたときには、膵炎の検査をしてもらおうと心にきめていました。


そして、15日。

ゆめは、またゲ~をしました。

また、いつもと同じパターンでした。


いつもの病院に行って、とりあえず、吐き気止めと胃薬の処置。


腎臓の値が気になるからと、血液検査。

その時、膵炎の検査もしてくれるようにお願いしました。


そして、ゆめは膵炎であるという結果になったのです。

慢性膵炎・・・。


毎回、「吐く」といった行為しか、おかしなところはありませんでした。

熱は、いつも平熱です。

下痢もしていません。

特に痩せたってこともありません。

毛並みもいいです。

元気もそこそこあります。


ただ、「吐く」のが、すぐに治まりはしませんでした。

当然、食欲不振。

でも、検査をしても、他にはどこも悪くない。


猫の膵炎は症状が出ないコもいるそうです。

見つけにくい病気です。


もし、ゆめと同じような症状の猫ちゃんがいたら、

一度、膵炎の検査をしてもらってください。



ゆめ、

今から思うと、去年の5月には、膵炎だったんだよね。

気がついてあげられなくてごめんね・・・。

お母さんも頑張るから、ゆめも頑張ってお薬飲んでね。

きっと、良くなるからね!!


かぴららさんの勧めのリュックのキャリーケース♪


かぴららさんの勧めのリュック型キャリーケース♪

ゆめの通院用に買いました。

私には、ちょっと大変だけど、

普通の人には、良いと思います♪