FC2ブログ
リウマチ+緑内障+肺MAC症+脳出血と戦うさくらのお菓子な備忘録
私の病歴 金注射
2013年09月10日 (火) | 編集 |
この前、金注射を打ったところまで書きましたよね。


金注射を打って、それがかなり良く効いて、

半年くらいで、寛解ってほどじゃないけど、普通の生活を送れるようになりました。(^-^)


そこで、お医者さんが、

「かなり良くなったから、金注射は止めようか・・・。

副作用も強い薬だから・・・」と言われ、

「そうなんだぁ・・・」ってことで、止めてしまいました。


後で思ったことなのですが、

やっぱりそこが専門医じゃないからだったんですよね。^_^;


自分でも、調子が良いから、専門医になんてかからなくても大丈夫!

なんて、簡単に考えてました。


それから半年くらい経つうちに、

徐々に徐々に身体の痛みが出てきました。

たぶん、痛み止めはずーっと飲んでいたと思います。

でも、痛みはかなりになってきて、

思いあぐねた私は、リウマチ友の会の療養相談に行きました。(=_=)


何かの雑誌(健康を売りにしている)に、リウマチ友の会のことが載っていて、

母が見つけてくれました。

金注射をやめて、身体が痛くなってきた私は、

すでに、リウマチ友の会に入会していました。


で、リウマチ友の会で療養相談があることを知って、申し込んでみました。


診療に来ていたのは、都内の病院の先生でした。

すぐに金注射を再開してもらいなさい、と言われました。


でも、かかりつけの先生に

「療養相談に行ったら、すぐに金注射を再開してもらうように言われた」

なんて言えない私は、

「ちょっと訊いたら、金注射を再開した方がいいらしいのですが・・・」

としか言えませんでした・・・。


先生の答えは・・・

「副作用が怖いから、もう少し様子を見てからにしよう」ってことでした。


身体の痛みに加え、金注射のこともあって、悶々とした日々を過ごしていました。(>_<)


学校には、ちゃんと通っていましたが、

指が腫れて、実験のレポートが書けなくて、辛い思いをしていました。( ノД`)シクシク…


ついに、意を決した私。

もう一度、友の会の療養相談に行きました。


そこで、来ていた先生に(どこの病院だか、お名前も忘れてしまいました~)

上板橋病院への紹介状を書いてくれるように頼みました。


その当時、上板橋病院には、伊藤久次先生といって、

リウマチ友の会の創設にも力を注いだ有名な先生が、診察に来ていたのです。

できれば、その先生に診ていただきたい!!

そう思って、お願いしました。


来ていた先生は、二つ返事で紹介状を書いてくださいました☆


後は、今、かかっている先生がどういう顔をするか・・・。


疲れたので、続く・・・


*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨':*:'¨


ある日のおやつ♪

フロインドリーブのクッキー♪

フロインドリーブのクッキー♪

やっぱり、フロインドリーブのクッキーが一番好き☆

また、(主人の)大阪出張ないかな~?

あっ、でも日帰りじゃ買って来れない・・・。

困ったにゃ!┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~